--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/12/31.Sun

Velour dress(wine red)

20061231092230.jpg

お友達のお家のクリスマスパーティーにおよばれして、ワインレッドのサンタ帽をたまたま買ったので、それにあわせてワインレッドのベロアでワンピースを作りました。



20061231092243.jpg

全体はこんな感じ。
ちょうど膝丈くらい。
size10で作ってウエスト周りだけsize6にあわせて細身にしました。
丈はたぶんpetite用に修正したと思う。

20061231092256.jpg

生地のアップ。
何加工というのだろうか、しわしわになっていて光沢もあり、ホリデーシーズンにはあってると思う。
すごく柔らかくて着心地満点。
でも扱いはかなり大変だった。
裁断するときも縫うときもたくさんほつれた・・・(泣)
襟ぐりや袖ぐりはbindingのような処理をしなければならないんだけど、trimせずに縫ってしまったため、ちょっとぼこぼこしちゃった。
胸のところのギャザーもかなり大変だった。
でも生地自体がすごく気に入っているのでまた何か作ると思う。



******もし再度このdressを作るとしたら
■襟ぐり、袖ぐりの処理に注意。必ず細幅にtrimする
■縫い代はできる限りテープで仮止めした方がいいと思う。



12/2006 作成



洋服(women) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
素敵ですね
あけましておめでとうございます!
一気にアップされて楽しませていただきました o(*^-^*)o
今年もお裁縫の記録の更新を楽しみにしています。

このベロアのドレス、大人っぽくて素敵ですね。
ウエスト周りを10から6に絞ったということですが、もともとはストンとした形だったのでしょうか。

王子のキャリーバッグもかわいいですね。
中のグレーのフリースがやさしい感じで王子の色ともケンカしなくていいなと思いました。別のブログで動画も見てみたんですけれども激しく動いて(抵抗して?)いましたね。いつもあんな感じだと中に入っていてもらうのが大変そうですね。

ShrugのところにあったStitch Witcheryってどうやって使うんでしょうか?Amazonに見に行ってみたんですがよくわかりませんでした。縫い代に貼り付けて縫いやすくするのかしら、って想像しています。このニットの生地は気持ちよさそうですね。
pineapple crownさん、
新年おめでとうございます。
今年も楽しくおつきあいさせて下さいね。
よろしくお願いします。

えっとこれは普通に(?)Aラインのドレスです。
試着したらウエストのあたりがぶかぶかしてたので細くしました。

王子の動画も見て下さってありがとう!
なんかねー、いつもいつも抵抗されるんですよー^^;
しばらくすると中にはいって落ち着いてちょこんとするんですけどねー。バッグに入れられると病院に連れていかれると思うのかも^^;

Stitch Witcheryはものの名前じゃなくて商品名だと思いますが、Amazonで売ってると思いますよ?単語名からのリンクで写真が見られるようにしてありますので見てみてくださいね。たぶん日本にも同じようなものがあると思うんですが、、、、アイロンで抑えて縫い代をくっつけるものです。説明によるとこれだけでおわりみたいなんですが^^;私は仮おさえとして使いました。めちゃめちゃ役立ちました!(笑)
この生地、軽くて柔らかくて気持ちよいですよ♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。